本文へスキップ

グローバルウォータージャパンは世界の水と環境問題の解決を提言するサイトです。

2013(平成25)年のイベント・対外活動

2013年11月28日 菅内閣官房長官と面談しました。
総理官邸にて菅官房長官と面談、「水の安全保障」について意見交換をしました。
中川郁子議員と竹村公太郎日本水フォーラム事務局長とご一緒でした。
菅官房長官は秋田県出身でGWJ吉村代表と同郷、短い時間でしたが故郷、秋田の話題を交わしました。

面談の模様はこちらをご覧ください。

2013年11月 1日 BSフジテレビ・プライムニュースにゲスト出演しました。
11月1日BSフジテレビ・プライムニュース(午後8時から2時間)にゲスト出演しました。
生番組で「東電汚染水対策」についてコメントを述べます。
ライブや録画等でご覧ください。
「TV生出演のお知らせ」はこちらです。

日本テレビに出演しました。
9月22日午後6時から55分まで日本テレビ真相報道番組「バンキシャ」に出演しました。
東電汚染水問題特集で「地下水問題」について吉村代表が地下水についてコメントを延べました。
しかしながら、吉村代表の最も言いたかった「大深度地下貯留」はカットされました。
収録の際に使用した資料です。

オーストラリアのTVでコメントを述べました。
オーストラリア放送協会(日本のNHK的存在)で、9月19日放送されました。
番組の中で汚染水についてコメントしました。
動画は期間限定でこちらです。

TV出演のお知らせです。
8月27日(火)BSフジテレビ・プライムニュースに出演しました。
タイトルは「深刻な水不足・日本と世界の水資源を考える」、午後8時から9時55分まで、スタジオゲストとして生出演です。
番組の中で食糧問題の専門家柴田明夫氏(資源・食糧問題研究所代表)と対談しました。
吉村代表が生出演したハイライトの動画がBSフジのホームページで見ることが出来ます(期間限定)。
前半、後半各々20分位で編集されております。トップページ下段の「豪雨なのに渇水列島? 日本の水をどう守るか」をクリックしてください。
約二時間の生出演でした。全国から多くの質問、意見が寄せられました。
番組の模様はこちらをご覧ください。
正式にBSフジのウエブに掲載されましたので、閲覧ください。

BS11の本格報道番組「IN side OUT]に出演しました。
8月8日(木)BS11の本格報道番組「IN side OUT](21:00から21:54分まで放送)に出演しました。
今回のタイトルは「水戦争」です。
当日の放送の模様をご覧ください。
BS11テレビ生出演後、全国から多くの反響が寄せられました。恩礼申し上げます。
水問題がよく分かった、日本は水に恵まれているが実感していない国民、語り口が良く聞きやすかった、その反面掘り下げが足りない、と厳しい意見も頂きました。次回頑張ります。
放送終了後のスナップショットです。


番組はこちら(過去のラインアップ)から、お楽しみください。

8月2日 自民党「第三回水の研究会」で講演しました。
8月2日 自民党「第三回水の研究会」が開催されました。
吉村代表は「地下水の権利と外国人の土地所有」について講演しました。
研究会の模様はこちらをご覧ください。
講演に使用した「講演用のスライド」はこちらです。

7月26日第一回猪瀬直樹の会へ出席しました。
妻ゆり子さんの思い出
オリンピック招致活動
水道は社会インフラの要だ
など盛り沢山でした。
会の模様をご覧ください。

7月6日秋田高校東京同窓会に参加しました。
吉村代表の母校・県立秋田高等学校の東京同窓会が都内で「創立140周年の集い」を開催しました。
旧友の懐かしの顔が多く、遅くまで語りあいました。
■吉村代表が集いに協力して、各10冊ずつを献本しました。
 
◆水を語る・・10冊(雑誌カレントに2年間連載をまとめた本:自費出版)
◆水と共生に・・10冊(「地球環境とエネルギー」誌に2年間寄稿した内容をまとめた本)
会場の模様はこちらです。

6月19日「第二回水の研究会」に顧問として参加しました。
自民党の「第二回水の研究会」に顧問として参加しました。
今回は衆議院第二議員会館で開催し、国土交通省から説明を聞き、質疑応答を行いました。
午後5時から6時半まで熱心に討議しました。
研究会の模様はこちらをご覧ください。

2013年06月9〜13日 全米水道協会第132回年次総会が開催されました。
AWWA・ACE13全米水道協会第132回年次総会がコロラド州デンバーで開催されました。
代表の吉村も参加し、パネル討論に参加しました。


デンバーの市街地


会場のディスプレー


ジョン・ヒッケンローパー知事の講演

6月9日から13日まで世界最大の水道に関する会議および展示会がコロラド州デンバーで開催されました。
ACE13と称されるこの会議には800を超える論文発表と商談のために11,000人のエクスパートが参加しました。(事務局発表)
また500社以上が参加する展示会も併設されました。
コロラド州ジョン・ヒッケンローパー知事が、10日のオープニングセッションで今回のACE13の成果を世界に広げる努力を期待すると述べました。
また、知事自身が地質学者でありコロラド河川協定(40を超える流域自治体との持続可能な水協定)に努力したことを強調し、水は国民の安全保障であると締めくくった。
AWWAのチャーリィ・アンダーソン会長は、この大会を通じて最先端の情報交換を行い、水関連業界の発展を期待すると宣言しました。

祖父・吉村佐平の足跡を尋ねて
台湾・花蓮市を訪問
平成25年5月10日〜13日

吉村代表が、祖父・佐平が足跡を残した台湾・花蓮市を訪問しました。
彼は実業家として花蓮市の発展に多大な貢献をした方です。
湾生(=台湾で生まれた日本人)の方々と一緒に訪問し、祖父の居宅を訪ね戸籍を受領しました。
祖父の功績と、花蓮市を訪問した模様をごらんください。

「しが水環境ビジネス推進フォーラム」の取り組み
「しが水環境ビジネス推進フォーラム」の今までの取り組みの紹介が公表されました。
6ページ目に嘉田知事とGWJ吉村代表のショットが掲載されております。
資料はこちらをお読みください。

TBSラジオの生放送
1月28日TBSラジオの生放送内容が「youtube」に投稿されていました。
テーマは「TBSラジオ環境キャンペーン。日本の水資源と世界の水ビジネスを考える」でした。
放送はこちらでお聞きください。

TBSラジオに生出演しました。
TBSラジオに生出演しました。
1月28日 午後10時から11時半まで「ニュース探究ラジオDig」の生放送でした。
タイトルは「世界と日本の水資源をどう守るか」、スタジオゲストとして3回目の登場です。
こちらのページのバックナンバー「2013年1月」から「放送後記1月28日(月)日本の水資源」をご覧ください。
吉村代表の著書も紹介されています。
番組の内容はこちらです。

バナースペース

サイト内検索 powered by Google

グローバルウォータ・ジャパン

ご依頼とご相談の
E-mailはこちらです。
グローバルウォータージャパンの代表・吉村和就です。
・「水の安全保障戦略機構・技術普及委員長」
・「国連テクニカルアドバイザー」
President Yoshimura

世界の「水」問題を解決したい!

それがグローバルウォータ・ジャパンの願いです。
水の豊富な日本では、「水が無い!」状態は考える事すらないと思います。しかしながら、その日本でさえ、「水」の問題は他人事ではなくなってきています。
また、世界的な「水ビジネス」を日本がどのように展開していくか、が最重要課題となっています。
吉村代表は政府の国家プロジェクトの委員として参画するなど、積極的に意見を発信しています。
そうした活動を通じて、日本と世界に於ける「水」の問題点と解決策を、広く訴えていきます。
代表の吉村和就は、企業や自治体、学校などで幅広く講演活動を行っています。
また、未来を担う若い世代への啓蒙活動のための場をご提供ください。

「水処理の英語表現」
GWJ代表の吉村は、実は、スピーチを含めた英語表現の権威でもあります。
企業人向けのセミナーや、大学などでの講演でも大好評です。
なぜ日本人は発音がへたか?それはその国の言語の周波数の違いである、と言うのが吉村の持論です。その内容を一部ですが、ネット上で公開します。

※開いた画面の左側の目次をクリックして順番にお読みください。

水処理の英語表現その2
水道公論2012年1月号に掲載されました。
記事はこちらでお読みください。

※詳しい説明をお聞きになりたい方はお問い合わせください

お知らせです。
ネット上で論文情報を検索する「日本の論文を探す」と言うサイトがあります。
CiNii(NII論文情報ナビゲータ[サイニィ])と言い、論文や図書・雑誌などの学術情報が検索できるデータベース・サービスで、どなたでもご利用いただけます。
学会刊行物や国会図書館所蔵書物などを調べることができます。
そして、吉村代表の論文や雑誌への寄稿が、現在64件登録されております。
「日本の論文を探す」サイトはこちらです
※[著者検索]タグで[吉村和就]と入力してください。