本文へスキップ

グローバルウォータージャパンは世界の水と環境問題の解決を提言するサイトです。

国際貢献について紹介します。

2007年11月20〜22日に開かれた、ISO/TC224第7回東京総会(20ヶ国、120人参加)が無事終わり、5年間務めた私の役目(水道部門・日本代表部会長)もこれで終わりました。

※ISO/TC224とは、
・ISO(国際標準化機構)に2002年に設置された224番目の技術専門委員会(TechnicalCommittee)のことで、上下水道サービスの国際規格化を検討する委員会である。
・第7回となる今回の東京での総会が最終会議となる。
・12月にISO24500シリーズとして、国際規格が発行される。

歓迎パーティーの様子をご覧ください。
品川プリンスホテル「富良野の間」にて
世界各国のISOの仲間と・・・(20ヶ国、80人)

なお、この会合についての記事が日本下水道新聞に掲載されました。
こちらをご覧ください。



以下は過去に行いました、各種の対外活動です。

1.中国湖南省「水と貧困対策」国連ミッション(1999年)実施
  

2.中国・チベット「衛生問題と貧困の撲滅」(2000年、2001年)
  
 
  チベット女性と代表
  

3.ISO・TC224「上下水道サービスの国際規格化」
  上水道部門 日本代表で日本案をISOに登録させる。
  ドイツ規格局で講演
  

  スペイン・バレンシア工科大学で講演
  

4.経済産業省・NEDOマレーシア・パーム油廃水処理プロジェクト
  評価委員長(2006年〜)
  
  
  マレーシア会議で委員長挨拶(2006年12月13日)
  

  日本―マレーシア合同会議


バナースペース

サイト内検索 powered by Google

グローバルウォータ・ジャパン

ご依頼とご相談の
E-mailはこちらです。
グローバルウォータージャパンの代表・吉村和就です。
・「水の安全保障戦略機構・技術普及委員長」
・「国連テクニカルアドバイザー」
President Yoshimura

世界の「水」問題を解決したい!

それがグローバルウォータ・ジャパンの願いです。
水の豊富な日本では、「水が無い!」状態は考える事すらないと思います。しかしながら、その日本でさえ、「水」の問題は他人事ではなくなってきています。
また、世界的な「水ビジネス」を日本がどのように展開していくか、が最重要課題となっています。
吉村代表は政府の国家プロジェクトの委員として参画するなど、積極的に意見を発信しています。
そうした活動を通じて、日本と世界に於ける「水」の問題点と解決策を、広く訴えていきます。
代表の吉村和就は、企業や自治体、学校などで幅広く講演活動を行っています。
また、未来を担う若い世代への啓蒙活動のための場をご提供ください。

「水処理の英語表現」
GWJ代表の吉村は、実は、スピーチを含めた英語表現の権威でもあります。
企業人向けのセミナーや、大学などでの講演でも大好評です。
なぜ日本人は発音がへたか?それはその国の言語の周波数の違いである、と言うのが吉村の持論です。その内容を一部ですが、ネット上で公開します。

※開いた画面の左側の目次をクリックして順番にお読みください。

水処理の英語表現その2
水道公論2012年1月号に掲載されました。
記事はこちらでお読みください。

※詳しい説明をお聞きになりたい方はお問い合わせください

お知らせです。
ネット上で論文情報を検索する「日本の論文を探す」と言うサイトがあります。
CiNii(NII論文情報ナビゲータ[サイニィ])と言い、論文や図書・雑誌などの学術情報が検索できるデータベース・サービスで、どなたでもご利用いただけます。
学会刊行物や国会図書館所蔵書物などを調べることができます。
そして、吉村代表の論文や雑誌への寄稿が、現在64件登録されております。
「日本の論文を探す」サイトはこちらです
※[著者検索]タグで[吉村和就]と入力してください。