本文へスキップ

グローバルウォータージャパンは世界の水と環境問題の解決を提言するサイトです。

講演と講演予定

2015年12月12日 講演のお知らせ。
12月12日「太陽と地球のエネルギープラットフォーム研究会」(芝浦工業大学、芝浦キャンパス)で講演します。
演題は「バイナリー発電の現状と課題」です。
詳細内容と申し込みはこちらからどうぞ。

12月10日 セミナーのお知らせ
金融ファクシミリ新聞社主催のビジネスセミナーで講演します。
タイトルは「海外水需要の拡大と日本企業参入の現状と課題」です。 :
詳細と申し込みはこちらからどうぞ。

2015年11月29日〜12月2日
第五回世界工学会議が国立京都国際会館で開催されました。
第五回世界工学会議でプレゼン、および「水と環境」セッションで議長を務めました。
世界80カ国から専門家約2千人が参加し、4年に一度の大会を盛り上げました。
GWJ吉村代表は「下水からの資源とエネルギー回収の現状と課題」を述べました。
3日間の英語での討議、国連勤務時代の再来でした。
大会の模様、講演の概要、参加者との交流などはこちらを閲覧ください。
※「水と環境」セッションで講演しました。
 またセッションの司会も務めました。
 詳細内容はこちらからどうぞ。

2015年11月16〜17日 「水とメディア」で招待講演しました。
イラン・テヘラン市で招待講演しました。
国連UNESCO−イラン政府共催の「水とメディア」でイラン副大臣の挨拶の後、「日本の水資源、上下水道の現状、災害からの復旧、水に関する教育」と題して幅広い内容で講演しました。
初日は200名のジャーナリスト向け、二日目は専門家会議で講演と討議(英語からペルシャ語の同時通訳付き)し、日本のプレゼンスを紹介しました。
講演とカンファレンスの模様、古都イスファハンと世界遺産イマームモスクの視察はこちらをご覧ください。

2015年10月31日 公開セミナーのお知らせ。
10月31日(土)緑水工業主催/水環境フォーラム「水の脅威」にて講演しました。
演題:「東電福島第一原発事故に伴う汚染水の問題
会場:新潟県長岡市「ホテル・ニューオータニ長岡」
参加申し込み:添付の案内にアクセスしてください。
入場無料:先着400名様です。
講演の模様と資料はこちらをご覧ください。
詳しいご案内のパンフレットとお申し込みはこちらです。

2015年9月17日 セミナー開催のお知らせ
株式会社技術情報センターの主催です。
演題は「巨大市場、海外水ビジネスの現状とビジネスチャンス」です。
詳細内容と申し込みはこちらからどうぞ。

2015年8月27日 セミナーを開催します。
日本計画研究所主催です。
演題は「『水循環基本法(7月1日施行)』に伴う施策と重要性を踏まえた国内外事業機会創出の目の付け所」です。
詳細内容とお申し込みはこちらからどうぞ

2015年8月2日 「しがくセミナー」で講演しました。
日曜の夜にも関わらず若者男女約450人が聴講しました。
会場の模様はこちらです。

2015年6月22日 塩化ビニル管・継手協会で講演しました。
塩化ビニル管・継手協会の今年のテーマは「50年経過した下水道館の検証を」でした。
総会終了後に吉村代表が「海外ビジネスの動向と塩化ビニル管の将来性」と題して講演しました。
協会の総会の水道産業新聞の記事です。

2015年5月29日 第24回水道フォーラムで講演しました。
秋田県横手市で開催された「管路更新耐震化プロジェクト」で講演しました。
参加者は116名でした。
講演の模様はこちらをご覧ください。

2015年5月22日 塩化ビニル管・継手協会で講演しました。
演題は「海外水ビジネスの動向と塩化ビニル管の将来性」で、会場は如水会館でした。
講演会の概要はこちらをご覧ください。

2015年4月24日 セミナーのお知らせ
日時:4月24日(金)9:50-16:50
タイトル:海外(アジア)環境法規制の最新動向と対応
会場:東京・新御茶ノ水・連合会館
GWJ吉村代表は12:40-14:40の時間帯で「海外の水事情の実態と水ビジネスの動向」と題して講演いたします。
なお講師割引がありますので、申し込みの際は「吉村講師紹介」と明記の上、事務局にお申し込ください。
詳細はこちらをご参照ください。

2015年4月23日 北九州市で講演しました。
日明浄化センター新管理棟完成・記念講演会で講演しました。
演題は「巨大市場海外水ビジネスの動向と課題」でした。
当日のイベントと講演の模様はこちらです。

2015年2月28日 文化講演会が開催されました。
2015年2月28日 千葉工業大学で文化講演会(習志野市国際交流協会主催)が開催されました。
第一部:国際宇宙ステーションからの流星観測プロジェクト(千葉工大:荒井朋子上席研究員)
第二部:伝説のウィスキーブレンダ―(サントリー梶@輿水精一氏)
入場無料です。
吉村代表は司会進行を務めました。 当日の会場の模様はこちらです。

詳細はこちらからご覧ください。

2015年1月23日 大阪で講演しました。
2015年1月23日 大阪で講演しました。
テーマは「水ビジネスの最新動向」です。
詳細はこちらをお読みください。




主要講演先
〔グローバルウォータ・ジャパン 代表 吉村和就〕
〔国際機関、及び国際会議〕 英語にて
  国連本部・経済社会局(ニューヨーク)
  国連本部・持続可能委員会(ニューヨーク)
  国連大学・高等研究所(東京)
  国連ゼロエミッション会議(テネシー)
  日米経済人環境サミット会議(ハワイ)
  カナダ環境庁地球温暖化会議(オタワ)
  世界温暖化ガス防止会議(スイス)
  第三回世界水フォーラム(京都)
  環境技術移転セミナー(バンコック)
  2005年欧州水フォーラム(ロンドン)
  国連主催・持続可能発展セミナー(北京)
  ISO/TC224総会・委員会(各地)
  ISO/TC224総会(パリ)
  ISO/TC224分科会(バレンシア)
  ISO/TC224総会(オタワ)
  ISO/TC224総会(テジョン)
  ISO/TC224総会(モロッコ)
  ISO/TC224分科会(トロント)
  ISO/TC224総会(ベルリン)
  日韓ISOシンポジウム(テジョン)
  国際再生可能エネルギー会議(ロンドン)
  駐日英国大使館・商務部(東京)
  駐日米国大使館・商務部(東京)

〔国および政府機関・他〕
  厚生労働省健康局
  国土交通省下水道部
  国土交通省水資源部
  経済産業省経済産業政策局
  文部科学省科学技術動向センター
  国際協力事業団
  国際厚生事業団
  国立保健医療科学院
  (財)都市防災研究所
  総務省自治財政局
  (財)中東協力センター
  (財)エンジニアリング振興協会
  (社)日本機械工業連合会

〔上下水道関係)
  (社)日本水道協会・本部
  (社)日本水道協会・関東支部
  (社)日本水道協会・関西支部
  (財)水道技術研究センター
  (財)造水促進センター
  日本水フォーラム
  (社)日本下水道処理施設管理業協会
  (社)日本下水道施設業協会
  (社)日本下水道協会
  (社)全国上下水道コンサルタント協会
  工業技術会
  東京都水道局
  横浜市水道局
  名古屋市上下水道局
  浄水技術研究会
  宇部市水道局
  秋田県大館市水道局
  千葉県習志野市企業局
  日本計画研究所

〔大学・教育関係〕
  岩手大学・工学部
  東京海洋大学・海洋工学部
  京都大学・工学部
  お茶の水女子大学
  長岡技術科学大学
  千葉工業大学・工学部
  鹿児島工業高等専門学校
  千葉県習志野市立鷺沼小学校
  秋田県秋田市立太平小学校
  北海道大学・公共政策大学院

〔民間会社〕
  国内企業・外資系など多数
  守秘義務あり、公開不可

〔その他〕
  東京中央ロータリークラブ(帝国ホテル)
  東京赤坂ロータリークラブ(全日空ホテル)
  習志野中央ロータリークラブ
  習志野市市民カレッジ
  習志野商工会議所

ナビゲーション



2015(平成27)年のセミナー・講演会活動はこちらをご覧ください。
2014(平成26)年のセミナー・講演会活動はこちらをご覧ください。
2013(平成25)年のセミナー・講演会活動はこちらをご覧ください。
2012(平成24)年のセミナー・講演会活動はこちらをご覧ください。
2011(平成23)年のセミナー・講演会活動はこちらをご覧ください。
2011年講演先一覧
2010(平成22)年のセミナー・講演会活動はこちらをご覧ください。
2009(平成21)年のセミナー・講演会活動はこちらをご覧ください。
2008(平成20)年のセミナー・講演会活動はこちらをご覧ください。
2007(平成19)年以前のセミナー・講演会はこちらです。

バナースペース

サイト内検索 powered by Google

グローバルウォータ・ジャパン

ご依頼とご相談の
E-mailはこちらです。
グローバルウォータージャパンの代表・吉村和就です。
・「水の安全保障戦略機構・技術普及委員長」
・「国連テクニカルアドバイザー」
President Yoshimura

世界の「水」問題を解決したい!

それがグローバルウォータ・ジャパンの願いです。
水の豊富な日本では、「水が無い!」状態は考える事すらないと思います。しかしながら、その日本でさえ、「水」の問題は他人事ではなくなってきています。
また、世界的な「水ビジネス」を日本がどのように展開していくか、が最重要課題となっています。
吉村代表は政府の国家プロジェクトの委員として参画するなど、積極的に意見を発信しています。
そうした活動を通じて、日本と世界に於ける「水」の問題点と解決策を、広く訴えていきます。
代表の吉村和就は、企業や自治体、学校などで幅広く講演活動を行っています。
また、未来を担う若い世代への啓蒙活動のための場をご提供ください。

「水処理の英語表現」
GWJ代表の吉村は、実は、スピーチを含めた英語表現の権威でもあります。
企業人向けのセミナーや、大学などでの講演でも大好評です。
なぜ日本人は発音がへたか?それはその国の言語の周波数の違いである、と言うのが吉村の持論です。その内容を一部ですが、ネット上で公開します。

※開いた画面の左側の目次をクリックして順番にお読みください。

水処理の英語表現その2
水道公論2012年1月号に掲載されました。
記事はこちらでお読みください。

※詳しい説明をお聞きになりたい方はお問い合わせください

お知らせです。
ネット上で論文情報を検索する「日本の論文を探す」と言うサイトがあります。
CiNii(NII論文情報ナビゲータ[サイニィ])と言い、論文や図書・雑誌などの学術情報が検索できるデータベース・サービスで、どなたでもご利用いただけます。
学会刊行物や国会図書館所蔵書物などを調べることができます。
そして、吉村代表の論文や雑誌への寄稿が、現在64件登録されております。
「日本の論文を探す」サイトはこちらです
※[著者検索]タグで[吉村和就]と入力してください。