本文へスキップ

グローバルウォータージャパンは世界の水と環境問題の解決を提言するサイトです。

メディアへの寄稿及び掲載記事

2015年1月 「カレント誌」1月号
歴史と伝統のある「カレント誌」1月号へ掲載です。
今回は「水のことわざに学ぶ」です。
身の周りに多い水の熟語のオンパレードです。
記事はこちらです。
2015年1月 地球環境とエネルギー誌2015年1月号
地球環境とエネルギー誌1月号に掲載です。
連載寄稿、タイトルは「南米ベネズエラの水事情」です。
記事はこちらです。
環境新聞12月17日号
環境新聞連載「水リスクと企業」最終回(20回目)は「世界水ビジネス市場のトレンド」です。
記事はこちらです。
11月25日付朝日新聞
朝日新聞、国際面に「ブラジルの大干ばつ」の記事が掲載されています。そこに私のコメントが載っております。
先週朝日新聞サンパウロ支局から国際電話があり応えた内容です。
ご一読いただければ幸いです。
記事はこちらです。
日刊工業新聞11月20日号
日刊工業新聞の社説「日本版メジャーの登場を期待」にGWJ吉村代表のコメントが掲載されました。
記事はこちらをお読みください。
地球環境とエネルギー誌11月号
地球環境とエネルギー誌11月号「水と共生に」に掲載しました。
テーマは「国際水協会(IWA)リスボン世界会議で感じたこと〜日本勢は英語でのプレゼン能力向上が不可欠〜」です。
記事はこちらです。
カレント誌11月号
歴史と伝統のあるカレント誌11月号への寄稿です。
今回のテーマは「極度な水不足に直面するイラン」です。
記事はこちらをお読みください。
環境新聞10月29日号
環境新聞連載「水リスクと企業」に寄稿しました。
今回は「国際水協会、水・エネルギー・食糧の連携などに注目」です。
記事はこちらです。
ウォーター&ライフ社の14年11月号「情報ワイド」欄に掲載されました。
IWA(国際水協会)世界会議・展示会が9月21日から26日まで、ポルトガル共和国の首都リスボンで開催され、日本はじめ世界各地から多数の上下水道関係者が参集した。
吉村代表も参加しました。
記事と写真はこちらです。
2014年10月日 日経ビジネス10月27日号
10月27日(月)発売の日経ビジネス10月27日号(表紙、添付)シリーズ企業再攻「東レ」特集「勝つまでやり切る経営」のp38にGWJ吉村代表のコメントが掲載される予定です。
ご一読ください。
日経BP10月24日 
米国の海水淡水化に挑む東レの戦略について掲載予定です。
日経産業新聞10月15日号
日本は台風による大雨で大変、カリフォルニアは水がない。
「日経産業新聞トレンドウォッチ」にコメントを載せております。
タイトルは「水ビジネス 世界にどう挑む」です。 こちらも併せてご一読ください。
記事はこちらをお読みください。
週刊エコノミスト10月21日号
14日発売の週刊エコノミスト(毎日新聞社発行)に「干ばつに苦しむカリフォルニア州 水価格の高騰と企業流出」(p76から見開き2ページ)を寄稿しました。
是非ご一読ください。
地球環境とエネルギー誌10月号
地球環境とエネルギー誌10月号に寄稿しました。
タイトルは「米カルフォルニア州、500年に一度の大干ばつ」です。
記事はこちらからお読みください。
カレント誌10月号
カレント誌10月号に寄稿しました。
タイトルは「インド経済はトイレ次第」です。
記事はこちらです。
共同執筆の著書が刊行されます。
CMCリサーチ社から9月29日に新発売です。
タイトルは「油ガス田での水処理関連技術・市場の最新動向」で、主に世界に拡がるシェールガス・オイルを中心に各界の専門家と共同執筆です。
GWJ吉村代表は
第一章:シェールガス・オイル汚染水処理技術の動向
を執筆しています。
編集発行:(有)シーエムシー・リサーチ
定価:本体8万円+税
詳細はこちらをご覧ください。
地球環境とエネルギー誌9月号
地球環境とエネルギー誌9月号連載「水と共生に」へ寄稿しました。
今回は「南米コロンビアの水事情」です。
記事はこちらです。
週刊エコノミスト9月9日号
週刊エコノミスト(毎日新聞社発行)9月9日号に掲載されました。
題して「500年ぶり大干ばつ、経済に甚大な影響(米・カリフォルニア州)」を寄稿しました。
記事はこちらです。
千葉県経済同友会の会報に掲載されました。
千葉県経済同友会の会報(14年8月号)に掲載されました。
5月15日の例会で「海外水ビジネス市場の展望と日本企業の戦略」と題して講演しました。
千葉県経済同友会の皆様への提案事項は
1.600年分あるとされる南関東ガス田の開発
2.千葉県のゴルフ場に高齢者施設の建設
3.第二成田空港の建設
を提案しました。
会報の記事はこちらです。
環境新聞8月6日号に寄稿しました。
環境新聞連載の「水リスクと企業」、今回は「急拡大するスマートウォーターネットワーク市場」です。
記事はこちらからお読みください。
「地球環境とエネルギー」誌8月号に掲載されました。
水特集記事への寄稿として「海外で活躍するには思い切った企業統合が必要」です。
連載記事「水と共生に」、今回は「南米ペルーの水事情」です。
編集部取材記事・自民党「水戦略特命委員会」が始動!
7月1日発売 月刊「事業構想」8月号
水ビジネス特集に掲載されました。
タイトルは「水インフラ、次の市場と戦略は」です。
6月13日東京都市大学・渋谷カフェで講演した内容を記者が取材し纏めたものです。
こちらでお楽しみください。
「あんしんLife」7月号
あんしん財団の広報誌「あんしんLife」7月号“なぞ解きで知る日本経済”のコーナーで紹介されました。
テーマは「日本の水はとても高くついている?
記事はこちらをお読みください。
カレント誌7月号
歴史と伝統のあるカレント誌7月号へ寄稿しました。
今回は「シンガポールの強さ」です。
記事はこちらです。
地球環境とエネルギー誌7月号
「水と共生」に寄稿しました。
「シンガポール国際水週間・水エキスポ2014」開催です。
次世代の嫌気性処理技術にスポットライト
記事はこちらです。
秋田魁新報6月24日号
秋田魁に寄稿しました。
テーマは「秋田にシェール革命を」で、秋田の将来を期待しての視点です。
こちらからお楽しみください。
シンガポール国際水週間2014
6月1日から開催されたシンガポール国際水週間の記事が掲載されました。
水道産業新聞の記事1はこちらです。 記事2はこちらです。

地球環境とエネルギー誌6月号
地球環境とエネルギー誌6月号に寄稿しました。
連載「水と共生に」で、今回は「南米ウルグアイの水事情」です。
記事はこちらをお読みください。
歴史と伝統のあるカレント誌6月号
歴史と伝統のあるカレント誌6月号に掲載されました。
今回は「水資源が支えるシェールガス革命」です。
記事はこちらです。
環境新聞連載5月28日号
環境新聞連載「水リスクと企業」に寄稿しました。
今回のテーマは「中国/沸騰する飲料水ビジネス」です。
記事はこちらです。
「地球環境とエネルギー誌」6月号
地球環境とエネルギー誌の連載に記事が掲載されました。
今回は「南米ウルグアイの水事情」です。
なかなか南米の水事情は報道されませんが興味ある記事です。
記事はこちらをお読みください。
環境新聞4月30日号
4月30日付環境新聞の特集企画で、「対談 中小企業における海外進出の展望」というテーマで株式会社日吉 村田弘司社長と対談しました。
記事はこちらです。
秋田高校同窓会先蹤録
GWJ吉村代表(昭和42年卒)の祖父土田萬助翁の記事が秋田県立秋田高等学校の同窓会のHPの同窓会のHPに掲載されています。
明治・大正・昭和にかけて活躍した人生でした。
その記録をお読みください。
地球環境とエネルギー誌5月号
地球環境とエネルギー誌5月号に寄稿しました。 連載「水と共生に」はアルゼンチンの水事情〜破綻した水道民営化〜です。
記事はこちらです。
「地銀協月報」2014年4月号
全国地方銀行協会(全国の64地方銀行が加盟)の「地銀協月報」2014年4月号に「水ビジネスと金融機関」〜水資源から海外水ビジネスまで〜と題して掲載されました。
記事はこちらです。
4月23日 環境新聞
環境新聞連載「水リスクと企業」に寄稿しました。
今回は「中国蘭州の有毒水道水事件」です。
記事はこちらです。
「地球環境とエネルギー」誌4月号
「地球環境とエネルギー」誌4月号の”水と共生に”に寄稿しました。
今回は「ブラジルを脅かす水資源の枯渇」です。
記事はこちらです。
環境新聞3月26日号
環境新聞連載「水リスクと企業」に寄稿しました。
第11回目は「チリの水事情」です。
記事はこちらです。
「下水道情報」1760号
公共投資ジャーナル社発行の「下水道情報」1760号の取材ノートにGWJ吉村代表の力説が紹介されました。
記事はこちらです。
週刊エコノミスト3月17日(月)発売号
3月25日号の週刊エコノミスト「毎日新聞社発行、650円)に「世界で普及が進むスマートウォーター」(p46,47)を寄稿しております。
書店等でお求めください。
IBM、NECに加え水の専門企業としてメタウォーター、水ing(水みらい広島)を掲載しております。
記事はこちらです。
「地球環境とエネルギー」誌3月号
「地球環境とエネルギー」誌3月号”の水と共生に”に寄稿しました。
今回は「地球温暖化と水資源の関係」です。
記事はこちらです。
日刊工業新聞2月28日号
2月28日付日刊工業新聞特集号で水処理部門に寄稿しました。
タイトルは「海外で広がる水ビジネスの展望と課題」でした。
記事はこちらです。
環境新聞2月26日号
環境新聞連載「水リスクと企業」に寄稿しました。
第10回目は「ブラジルの水事情」です。
記事はこちらです。
カレント誌3月号
歴史と伝統のあるカレント誌への寄稿です。
地球温暖化と日本」と題して書いています。
最後に日本のあるべき姿を述べています。
記事はこちらです。
水道産業新聞2月10日号
水道産業新聞のコラム「水音」で吉村GWJ代表の講演内容が紹介されました。
記事はこちらです。
カレント誌2月号
歴史と伝統のあるカレント誌に特別寄稿しました。
取り上げたのは「猪瀬直樹前都知事は国民になにを残したのか」です。
コンセプトは水インフラです。

記事はこちらです。
「地球環境とエネルギー」誌2月号
「地球環境とエネルギー」誌2月号”の水と共生に”に寄稿しました。
今回は「アジアにおける水リスク問題と企業」です。
タイ、ベトナム、ミャンマーについても触れています。
記事はこちらです。
環境新聞1月29日号
環境新聞連載「水リスクと企業」に寄稿しました。
今回は「インドネシアの水環境」としてインフラの未整備を書いています。
記事はこちらです。
2014年1月 新刊書のご案内
シェール革命」(NTS出版、300ページ、定価3万円+税+送料)が発売(2014年1月27日)されました。
GWJ吉村代表は第六章3節「水資源と汚染水処理」について書いています。

お求めはアマゾンで・・・
「地球環境とエネルギー」14年1月号
「地球環境とエネルギー」誌14年1月号に掲載しました。今回のタイトルは「アクアテック・アムステルダム視察記」です。
欧州の水専門の国際会議・展示会の視察記事です。
カレント誌1月号
歴史と伝統のあるカレント誌へ寄稿しました。今回は「オランダ〜水と自転車〜」です。
記事はこちらです。
「業界大予測2014」(洋泉社 933円+税)現在発売中!
GWJ吉村代表の「水ビジネス、2030年には100兆円市場に」が掲載されています。

本に掲載された記事はこちらです。
「地球環境とエネルギー」誌12月号に寄稿しました。
「地球環境とエネルギー」誌13年12月号の掲載記事です。
タイトルは「米国・カナダで深刻化する水環境問題」です。
記事はこちらです。


ナビゲーション



2014(平成26)年の執筆・論文掲載はこちらです。
2013(平成25)年の執筆・論文掲載はこちらです。
2012(平成24)年の執筆・論文掲載はこちらです。
2011(平成23)年の執筆・論文掲載はこちらです。
2010(平成22)年の執筆・論文掲載はこちらです。
2009(平成21)年の執筆・論文掲載はこちらです。
2008(平成20)年の執筆・論文掲載はこちらです。
2007(平成19)年の執筆・論文掲載はこちらです。
2006(平成18)年以前の執筆・論文掲載はこちらです。


バナースペース

サイト内検索 powered by Google

グローバルウォータ・ジャパン

ご依頼とご相談の
E-mailはこちらです。
グローバルウォータージャパンの代表・吉村和就です。
・「水の安全保障戦略機構・技術普及委員長」
・「国連テクニカルアドバイザー」
President Yoshimura

世界の「水」問題を解決したい!

それがグローバルウォータ・ジャパンの願いです。
水の豊富な日本では、「水が無い!」状態は考える事すらないと思います。しかしながら、その日本でさえ、「水」の問題は他人事ではなくなってきています。
また、世界的な「水ビジネス」を日本がどのように展開していくか、が最重要課題となっています。
吉村代表は政府の国家プロジェクトの委員として参画するなど、積極的に意見を発信しています。
そうした活動を通じて、日本と世界に於ける「水」の問題点と解決策を、広く訴えていきます。
代表の吉村和就は、企業や自治体、学校などで幅広く講演活動を行っています。
また、未来を担う若い世代への啓蒙活動のための場をご提供ください。

「水処理の英語表現」
GWJ代表の吉村は、実は、スピーチを含めた英語表現の権威でもあります。
企業人向けのセミナーや、大学などでの講演でも大好評です。
なぜ日本人は発音がへたか?それはその国の言語の周波数の違いである、と言うのが吉村の持論です。その内容を一部ですが、ネット上で公開します。

※開いた画面の左側の目次をクリックして順番にお読みください。

水処理の英語表現その2
水道公論2012年1月号に掲載されました。
記事はこちらでお読みください。

※詳しい説明をお聞きになりたい方はお問い合わせください

お知らせです。
ネット上で論文情報を検索する「日本の論文を探す」と言うサイトがあります。
CiNii(NII論文情報ナビゲータ[サイニィ])と言い、論文や図書・雑誌などの学術情報が検索できるデータベース・サービスで、どなたでもご利用いただけます。
学会刊行物や国会図書館所蔵書物などを調べることができます。
そして、吉村代表の論文や雑誌への寄稿が、現在64件登録されております。
「日本の論文を探す」サイトはこちらです
※[著者検索]タグで[吉村和就]と入力してください。